5/26日(Fri)〜31日(Wed) CRAFT MARCHE#2-クラフトマルシェ-

 

 

●CRAFT MARCHE#2  

期間 5/26日(金)〜31日(水)かんてんぱぱホールA 

時間 10:00〜17:00(最終日15時まで)

 

安くてかわいいクラフト雑貨展と少し異なる、やや高めの落ち着きや高級感のある作品たちを集めた昨年開催され好評に終わった展示会。息子も大きくなってぼちぼちアトリエ外の活動もしたいな…と思っていたタイミングで、ブルーデイジーさんよりお誘い頂きまして、2回目の今年初参加させて頂きます。まだ子も小さく常駐まではできないので、今回はゲスト作家として委託販売となりますが、平日含め可能な限り私も会場へ出向きたいと思っていますので、日程が定まり次第お知らせさせて頂きたいと思います。

※この日に行きたい!というご要望ありましたら対応致しますので、お気軽にお問合せ下さいませ。DMはmemeのアトリエでもお配りしています。

 

■主要作家&作品

・ステンドグラス…Atelier Swan(アトリエスワン)

・苔テラリウム&ドライフラワー…SakuRabito(さくらびと)

・アクセサリー…La Fonte(ラフォンテ)

・布小物…muguet(ミュゲ)

・多肉植物、ジャンク雑貨…blue daigy(ブルーデイジー)

・トールペイント雑貨、ポーセラーツ…Strawberry Farm(ストロベリーファーム)

 

■ゲスト作家

・TRESOR…洋服

・qp…木工雑貨

・meme…創作ジュエリー

 

期間中はさくらびとさん、ストロベリーファームさんによるワークショップも開催されます。是非楽しんでお越し頂けましたら幸いです。個人的には苔好きなので苔テラリウムが気になります。笑 そして、ポーセラーツは洋食器に絵を描く、初めて見る技法なので実際に拝見するのが楽しみです。

 

久々の伊那市でのイベント。伊那市方面にお住いのお客様は是非お待ちしております♪


| >>meme | info ・ event | 14:23 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
お日様さくら

 

先日、園から帰宅後、久々そのまま息子と近所の花見散歩。

いつも観ていた桜は切り倒されてしまって残念だけど

川沿いの一本桜を写真に納めたその中に、桜の上の太陽が桜のような花形のピンクの光を観せてくれていました。

粋な太陽に元気をもらった1日の終わり🌸

 

ここから見る景色は時々神秘的…

 


| >>meme | meme world | 18:58 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
春の庭

文句なしの暖かさ、いよいよ桜も咲きお花見日和。

memeのお庭では梅のお花が散り、モクレンが満開。ワインレッドと白のグラデーションがとても綺麗です。

私は結局バタバタと、欠品作品の制作やらオーダーの仕上げに取り掛かり、来月お誘い頂いたイベントの準備などもぼとぼちと。。

更に5月は田植えもあるな…とか、新作展もしたいと思ったり、息子の事を考えたり、連絡しなくてはいけない友人の事を考えていて、なんやかんやで夜になって息子と寝てしまう日々。。

頭の中がとてもせわしないのでゆっくりしたいものです。笑

 


| >>meme | memeノアトリエ | 15:06 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
地金のこと-ゴールドフィルド(金張り)について-  

 

以前少しブログでもお話しした、ここ数年登場した人気の地金ゴールドフィルド(K14GF)という素材。

memeではこの素材での制作や金具のお取扱いはしておらず、現在金色の地金はK18YG、K10YG、真鍮(オーダーがあるときのみ)を取扱いさせて頂いております。耐久性の面においても優れており、金メッキのようにすぐにメッキが剥げてきてしまうような心配は殆どありません。そんな文句から、天然石ビーズやワイヤーなどのアクセサリー作家さんの多くがこの地金を使用するようになり人気が定着したゴールドフィルド。私も当初、ならば使用してもいいのかなぁ。。と少々思ったりもした時もありましたが、実際は剥がれてしまうという事を知り断念しました。

 

memeの当初からのコンセプトでもある長く身に着けられるジュエリー=修理・メンテナンスが可能な地金というのがとても重要な事でもあります。大量生産大量消費の時代は終わり、資源が貴重で限られた時代だからからこそ、創り手も使い捨ての無いもの創りを考えていかなくてはいけない時代だと思う私です。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなゴールドフィルド(金張り)の特性等を下記にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

【ゴールドフィルドとは】

一般的に真鍮などの合金でできた金属に金の層を高熱と圧力で圧着させたもので、総重量の20分の1にあたる5%の金をコーティングした素材とされ、メッキよりも厚い層なので剝がれにくく「金張り」とも呼ばれ本物の金の輝きをそのままに金と比べると安価で手軽に楽しむ事が出来る素材として人気となりました。日本ではK14(14金)が多く使われますが、海外ではコーティングに使われる金の種類によって異なり、K12GFやK18GFもあるようです。

 

【金とゴールドフィルドの違い】

実際にゴールドフィルドのアクセサリーを使用していた方の声としては、肌身離さず着けていると次第に色がくすんで、チェーンは約一か月程でくすんでしまうそう。ただ汗や皮脂による汚れで生じたくすみであれば洗浄すればある程度綺麗になるそうです。(液体クリーナーが効果的)

ただ、くすみが生じるたびにクリーニングをしても綺麗にならない状態に陥って、元のキラキラした金色の状態には戻らず、指輪は摩擦が多いと劣化がが早くなるようです。

ブレスレットは、日焼け止めクリームやローションに含まれる油分や薬効成分が付着すると劣化やくすみ、変色の原因となり、共通するのは皮膚から出る汗や皮脂と結合してチェーンが汚れたり、摩擦で金張り部分が少しずつ剥がれて真鍮が出てくること。

但し、例外としてピアスは長年つけっぱなしにしていてもワイヤーも金具も全くと言っていいほど変色はしないようです。

きっと個人差はあると思いますが、結局いずれは剥がれてしまう地金のようです。

 

此処で頭にいれておいて頂きたいのはゴールドも長く使用しているうちに傷ができてくすみは生じますし、元の状態を保つことはできません。そしてどんな地金も使用している限り少しずつすり減っていくものなのです。道路だってそうですよね。

金とゴールドフィルドが異なるのは、やはり研磨(メンテナンス)ができるという事。綺麗に磨いてあげれば元の輝きは戻り長く愛用して頂けます。磨くという行為は表面を削る行為でもあるので、結局メッキと同じでゴールドフィルドもまた、磨けないという事なのだと結論に至ります。

 

【気を付けたいこと】

ゴールドフィルドを扱っている作家さんの中には、ゴールドフィルドを紹介する際に「金メッキの100倍の暑さで圧着している」と書いておられる方もおられますが、これは完全に間違っているそうで、せいぜい20倍程度だそう。また「GFはアレルギーが起こりにくく、安心してお使い頂けます」という一文を添えている方も多いですが、真鍮アレルギーのある方の場合は金でコーティングしてあっても真鍮は真鍮なのでアレルギー反応は起こることはあるそうです。K9やK10のように金の純度が低い金(金合金)でアレルギーが起こる方の場合はゴールドフィルドでもアレルギーが起こる可能性があるようです。

 

【ゴールドフィルドの上手な付き合い方】

上記の事から、長く愛用はできませんが、短期間でも可愛いデザインだったり、お手軽に安い価格で身に着けるアクセサリーをご希望の方には最適とも言えます。ご家庭でもできるゴールドフィルドのアクセサリーの簡単なお手入れ方法は、普段memeが地金のお手入れにお伝えしている方法と似ていますが、少し異なる部分もございますので、参考にしてみてください。

 

なるべく長く綺麗な状態を保つには、皮脂や汗が付いた時にこまめに洗う事。

泡立てた台所用洗剤もしくは泡立つタイプの洗顔料などでチェーンを優しく泡で包みもみ洗いし、しっかりと水ですすいてペーパータオルで水分をふき取って乾燥させます。

水に弱い石や薬剤に弱い石を使っているものについては、チェーン部分だけ水に中性洗剤を混ぜたものをしみこませた綿棒で丁寧にクリーニングします。すすぎの代わりに水を含んだ綿棒で同じように丁寧に撫でて洗浄液や洗剤の着いた部分を洗います。

市販のクリーナーは、薬剤で汚れを溶かすだけでなく少しずつ金を剝がしていくので、よほどひどい汚れの時はお勧めですが、こまめに使うと色落ち、くすみの原因になります。

※それでもチェーンのくすみや汚れがとれず、金古美のような色合いになってしまった場合にはチェーンやワイヤーを新しくする以外ありません。

 

 

【最後に…】

経験上メッキのものになりますが、剥がれてまたコーティングするとなると全ての火をあててメッキを剥がしてからのコーティングになるので、修理代は購入価格より数倍高くなり、修理自体も大変厄介なものになりますが、色が入っていたり、石が入っていたりすると溶接もできず接着等の応急処置しかできないものが多くです。修理できないとなると壊れてしまった地金の価値がない金属は一般では埋め立てゴミに出すしかないという悲惨な状況がまっています。

プラチナ、シルバー、ゴールドに関しては最初は高くついても修理もできるし、壊たりしていらなくなったとしても買取や地金引取りがあり、資源として溶かしてまた製品に再利用できるというメリットがあります。購入の際には是非この点も頭の隅に置いてアクセサリーを選んで頂けたら幸いに思います。


| >>meme | memeの商品等について | 13:44 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
自宅で機種変更

雨の本日。ようやくスマホを新しく致しました。もう壊れる寸前のギリギリの状態だったのでほっと一息。

今回は契約している電話会社のネット通販で購入し、そのままパソコンを使い自宅で機種変更の手続き。その後の手続きやデータ移動も比較的スムーズに済ませられたので、驚くほどの便利な時代を実感。4年の間にスマホ事情がこんなにも変わっていたなんて!

お店まで行かなくて良いので楽ではありますが、ということはまたもや人間の雇用の場が減るなぁ…などと考えてしまった私です。笑

 

…と、アナログ好きな私ではありますが、memeのホームページの更新や修正も何となく感覚で仕組みを覚えて自分でできるようになったし、意外と機械操作が得意なのだと気づきました。とかく感覚なので全く教えられないですが笑

 


| >>meme | meme world | 14:49 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
sun mon tue wed thr fri sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>