石のパワーも味方に

限られた平日営業ながらも先週は連日ご来店頂きまして、誠に感謝感謝です。

…と、時々お昼を買いにいって戻り、看板をCLOSEにしたままOPENにするのを忘れる事がしばしばあり、先日もそれでお客様にご迷惑をお掛けしてしまい、気を着けねばと反省です。笑

 

さてお陰様で今回もハーキマージュエリー全てお嫁入りしてゆきました。
約5億年前、現在のニューヨークの位置が海の底だった頃、古代地層を形成するドロマイトという鉱物の空洞内にハーキマーダイヤモンドは生まれたのです。その年月からもパワー感じますが、それを抜きにしても身に着けたお客様は皆パワーを実感してくださっているようで私も本当に嬉しいです。交通事故を何度も免れたとか色々なご報告を頂きました。

きっと私自身の波長がとてもあっている石のようで、効果を感じすぎてしまい、よりこの石をお勧めしてしまうのですが、この石に限らずとも、パワーの強い石、もしくは自分と波長が合う石は、身に着けると温かかったり心地よい感覚になったりします。そして大事に身に着ける事で身の危険も防いでくれるようです。又、パワーがある石程、石自体も人を選んでるようにも感じるので面白いです。

 

この石によってより石のパワーというものが実感された私。だから断言できる石のパワー侮るなかれ。。笑

 

インスピレーションが強い人、感(第6感)が鋭い人は自分に合った石選びができのだと思いますが、人は本来皆がもっている感覚なので、そうでないと思われる方も本来自分が持っている感というものを大事に育ててもらえたらと思います。

私も今ではこの感覚がフル研ぎ澄まされてとても役立っております。

 

石にもそれぞれの個性があるので、人それぞれ合う合わないがあって当然、それ以前に信じる信じないも自由ですが、私的には第6感というものを味方にした方がぐっと豊かに生きやすくなれると思います。動物達が自信を察知して危険から身を守るように、元々人間も持っていた感覚であり、先人達がそうしてきた事には意味が必ずあるからです。自分のアンテナがしっかりしていれば、占い等に頼らずとも、確信が持てない情報や常識に左右されず、自分の中にある確信のなかで行動し、間違えば早いうちに起動修正をしながら過ごせるのだと。そして物が持つ波長もいいものと出会える。だから石選びにも自分に合った石で、そのパワーを味方にできます。

 

そしてこれからの時代は第6感ですら取り入れていかないと道に迷いやすい時代がやってくるように思います。

 

宇多田ヒカルの「道」という詩が好きなのですが、その歌詞自体がとても好きなのですが、この言葉が一番好きです。

 

人は皆、生きてるんじゃなく生かされてる

 

目に見えるものだけを信じてはいけないよ

 

人生の岐路に立つ標識は在ありゃせぬ

 

皆様も第6感を是非味方にして自分の道を歩んで頂きたいです♪

 

 

…と、写真のハーキマーは販売予定だったもの。決して特別ではなく並質のハーキマーなのですが、創作中にふっと石自体に入っていた傷が数字の1に見えることに気づいて驚き。実物はこの写真よりももっと1が解り易くくっきり入っています。

自然に刻まれていたこの1の数字。ふと今年は1月1日11:11分というゾロ目からスタートし、今の私にとても重要な数字であるように思えて、縁を感じざる負えず自分用に致しました♪以前のハーキマーと一緒に着けています。

案の定、着けると温かく、とかく身体は疲れているのにパワーがみなぎってしまい、動けすぎてやや反動もありましたが、回復も早く今もパワフルに過ごせております。笑

 

 


| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 11:18 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
ネックレスの意味と込められた願い

さて、先日は新しい素材(K14GF)についてお話をしましたが、今回はアクセサリーの中でも最も古い歴史を持っていると言われているネックレスについて、私が調べたサイトから抜粋させて頂いた内容と合わせながらお話したいと思います。

 

【ネックレスの歴史】

ネックレスの歴史はとても古く石器時代には存在していたと言われ、その頃の人々の生活は当然、現代とは全く異なり、今日の食料を得ることもままならない過酷な時代。生きていくために命懸けで自然と戦い、狩りをし、植物を食べなければならず、そうでなければ、「死」が待っているのです。そんな時代のネックレスはペンダントトップに石、動物の牙、木の実、魚の骨を使用していたことが分かっていて、飢えをしのぐ食への強い願いが込められていたと言う意味が伺えます。

 

更には、「呪術的」「魔力的な」目的でもつけられ、敵や病から身を守ったり、人間のチカラではどうにもならない自然災害から逃れようとしたり、まさに、藁にもすがる思いで「祈り」を捧げていたのでしょう。

つまりペンダントトップにはそうした「人の願い」が込められていた装飾といえます。

 

人々の生活が少しずつ豊かになってくると、権力者や身分の高い者が富と権力の象徴として身につけるようになり、ネックレスの素材も多種多様になります。海外では、胸元の空いたドレスが主流になり胸元のアクセサリーとしてネックレスやペンダントが流行しました。この頃から、高価な宝石や、いろんな形をしたものが貴族の間で人気が出始めます。

更にこの時代に宝石の研磨や、カット技術が急速に発達したと言われています。

日本では、縄文時代や弥生時代にはすでにネックレスが存在していたと考えられていますが、奈良時代や飛鳥時代には襟の詰まった服装が主流になり首飾りは廃れていきました。さらに時が流れ西洋文化が到来した明治時代から次第に日本に装飾品が広まっていったと言えます。

 

 【ネックレスをプレゼントするという事】

ネックレスに関わらず、輪っかになっているアクセサリーをプレゼントするということは、少なからず「相手を束縛したい」「独占したい」と言った願望が込められているといいます。これは「手錠」から連想されているようです。

勿論、仲の良い友人や、家族、恋人に贈る分には「日ごろの感謝の気持ちを込めて」、「元気になって欲しい」、「相手に素直に喜んでもらいたい」、「ふたりの絆を深めたい」、「永遠に繋がっていたい」…そんな願いが込められていると考えるのが普通で全く悪い事ではありません。

ただ、自分と全く接点のない人や、一方的に行為を抱かれている際にネックレスを贈られる際には、それがとても恐ろしい意味に変化しますので、頭の隅に置き、高価なものであってもなるべく貰わないようにするか、頂いても身に着けずに手放す方が個人的には最善と思います。

 

【ネックレスとペンダントの違い】

大きな違いはありませんが、ペンダントトップが大きくて印象が強いものを「ペンダント」。チェーン(革紐等)だけの物やトップがさりげないものを「ネックレス」と呼ぶようです。

 

【ネックレスが切れると不吉!?】

現在ではほとんどの方がオシャレ感覚で身に付けていると思いますが、上記でも記載したように本来、ネックレスは願いが叶うように想いを込めるアクセサリーと言われているようです。

長年愛着を持って身に付けていたネックレスが切れた時や、壊れた時、何か不幸がやってくるのかも知れない…。何となくそう思ってしまうのには「下駄の鼻緒が切れると縁起が悪い」そんな言葉が残っていることも原因の一つのようです。

 

昔は亡くなった人は火葬ではなく埋葬され、その時墓地の土を踏んだ草履には死霊が憑くと考えられ、縁起が悪いと言われていたようです。その為、死霊が草鞋を履いて憑いて来れない様に、草鞋の鼻緒を切ってその場で脱ぎ捨てていく風習があり、この事から靴の紐が切れたりすると縁起が悪いと言われるようになったと言われていますが、これでは本来の意味からずれてしまい、本来鼻緒を切るのは死霊が憑いて来れない様にするはずだったのに、時代と共にとらえ方が変わってきてしまい、ネックレスの鎖が切れた時にもなにか不吉な事が起こる前兆と考える人が多くなったようです。

そうではなく、ネックレスの鎖が切れたのは、災いから自分自身を守ってくれたと考えた方がこのお話からも自然です。

ただし、長年毎日使用していればいつかは切れるのも自然な事。なんでもかんでも縁起に結び付けるのは控えましょう。

それでも愛着を持ったネックレスが切れた際は「自分の身代わりになってくれた」そう考えると、とてもポジティブだし心がほっこりしませんか♪

 

memeではチェーンが切れても初回は無料でお直しさせて頂いていますし、交換もしています。

ありがとうの気持ちで修理して、また身に着ける。物と人との絆を深めることはとても素敵だと思います。

 

古くから物には魂が宿るとも言われています。そしてmemeも創り手としてそうであってほしいと想いを込めてお創りしています。

私自身、自分のネックレスに散々助けられている気がしていて正直な話、新しく自分用に創った一点もののピアスや、指輪はことごとく無くしております。大体外出して戻ると無くしてしまっているのでとーっても悲しいのですが、身代わりになってくれたと勝手に思って感謝している私です。それでも15年以上愛用している太陽のトップだけは傷はあれども、チェーンは切れども、無くならずに何とか戻ってきてくれています。先日もチェーンが切れた際に、一緒に着けていたトップだけどうしても見つからなくて、太陽のトップだけが見つかりました。笑 

 

…と、ここまでいくと、信じる信じないのお話になりますが、それでも日本では昔から、長い間、大事に使ったものには、「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれる神が宿ると信じられていて、物が単なる物ではなく、そこに霊魂が宿ると考えられたのです。

だからこそ、特に日本人は物を大切にする事が美徳と考えられてきた風習があります。信じないにしても、物を大事にするってとても良い事だと私は思うのです。

そう思えば、ネックレスも大切にしていれば、魂が宿りあなたに降りかかる災いからあなたを守ってくれていると考えられるのではないでしょうか?そしてシルバーが本来持つ意味にもリンクするのです。

 

現代よりも不自由で何もない時代だからこそ、重要とされる事の本質が昔の時代にはあると思う私。それらが薄らいでいる現代にやや危機感を覚えるからこそ、是非これらを頭の隅に置いて頂けたら幸いです。

 

 


| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 15:36 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
地金のこと-ゴールドフィルド(金張り)について-  

 

以前少しブログでもお話しした、ここ数年登場した人気の地金ゴールドフィルド(K14GF)という素材。

memeではこの素材での制作や金具のお取扱いはしておらず、現在金色の地金はK18YG、K10YG、真鍮(オーダーがあるときのみ)を取扱いさせて頂いております。耐久性の面においても優れており、金メッキのようにすぐにメッキが剥げてきてしまうような心配は殆どありません。そんな文句から、天然石ビーズやワイヤーなどのアクセサリー作家さんの多くがこの地金を使用するようになり人気が定着したゴールドフィルド。私も当初、ならば使用してもいいのかなぁ。。と少々思ったりもした時もありましたが、実際は剥がれてしまうという事を知り断念しました。

 

memeの当初からのコンセプトでもある長く身に着けられるジュエリー=修理・メンテナンスが可能な地金というのがとても重要な事でもあります。大量生産大量消費の時代は終わり、資源が貴重で限られた時代だからからこそ、創り手も使い捨ての無いもの創りを考えていかなくてはいけない時代だと思う私です。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなゴールドフィルド(金張り)の特性等を下記にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

【ゴールドフィルドとは】

一般的に真鍮などの合金でできた金属に金の層を高熱と圧力で圧着させたもので、総重量の20分の1にあたる5%の金をコーティングした素材とされ、メッキよりも厚い層なので剝がれにくく「金張り」とも呼ばれ本物の金の輝きをそのままに金と比べると安価で手軽に楽しむ事が出来る素材として人気となりました。日本ではK14(14金)が多く使われますが、海外ではコーティングに使われる金の種類によって異なり、K12GFやK18GFもあるようです。

 

【金とゴールドフィルドの違い】

実際にゴールドフィルドのアクセサリーを使用していた方の声としては、肌身離さず着けていると次第に色がくすんで、チェーンは約一か月程でくすんでしまうそう。ただ汗や皮脂による汚れで生じたくすみであれば洗浄すればある程度綺麗になるそうです。(液体クリーナーが効果的)

ただ、くすみが生じるたびにクリーニングをしても綺麗にならない状態に陥って、元のキラキラした金色の状態には戻らず、指輪は摩擦が多いと劣化がが早くなるようです。

ブレスレットは、日焼け止めクリームやローションに含まれる油分や薬効成分が付着すると劣化やくすみ、変色の原因となり、共通するのは皮膚から出る汗や皮脂と結合してチェーンが汚れたり、摩擦で金張り部分が少しずつ剥がれて真鍮が出てくること。

但し、例外としてピアスは長年つけっぱなしにしていてもワイヤーも金具も全くと言っていいほど変色はしないようです。

きっと個人差はあると思いますが、結局いずれは剥がれてしまう地金のようです。

 

此処で頭にいれておいて頂きたいのはゴールドも長く使用しているうちに傷ができてくすみは生じますし、元の状態を保つことはできません。そしてどんな地金も使用している限り少しずつすり減っていくものなのです。道路だってそうですよね。

金とゴールドフィルドが異なるのは、やはり研磨(メンテナンス)ができるという事。綺麗に磨いてあげれば元の輝きは戻り長く愛用して頂けます。磨くという行為は表面を削る行為でもあるので、結局メッキと同じでゴールドフィルドもまた、磨けないという事なのだと結論に至ります。

 

【気を付けたいこと】

ゴールドフィルドを扱っている作家さんの中には、ゴールドフィルドを紹介する際に「金メッキの100倍の暑さで圧着している」と書いておられる方もおられますが、これは完全に間違っているそうで、せいぜい20倍程度だそう。また「GFはアレルギーが起こりにくく、安心してお使い頂けます」という一文を添えている方も多いですが、真鍮アレルギーのある方の場合は金でコーティングしてあっても真鍮は真鍮なのでアレルギー反応は起こることはあるそうです。K9やK10のように金の純度が低い金(金合金)でアレルギーが起こる方の場合はゴールドフィルドでもアレルギーが起こる可能性があるようです。

 

【ゴールドフィルドの上手な付き合い方】

上記の事から、長く愛用はできませんが、短期間でも可愛いデザインだったり、お手軽に安い価格で身に着けるアクセサリーをご希望の方には最適とも言えます。ご家庭でもできるゴールドフィルドのアクセサリーの簡単なお手入れ方法は、普段memeが地金のお手入れにお伝えしている方法と似ていますが、少し異なる部分もございますので、参考にしてみてください。

 

なるべく長く綺麗な状態を保つには、皮脂や汗が付いた時にこまめに洗う事。

泡立てた台所用洗剤もしくは泡立つタイプの洗顔料などでチェーンを優しく泡で包みもみ洗いし、しっかりと水ですすいてペーパータオルで水分をふき取って乾燥させます。

水に弱い石や薬剤に弱い石を使っているものについては、チェーン部分だけ水に中性洗剤を混ぜたものをしみこませた綿棒で丁寧にクリーニングします。すすぎの代わりに水を含んだ綿棒で同じように丁寧に撫でて洗浄液や洗剤の着いた部分を洗います。

市販のクリーナーは、薬剤で汚れを溶かすだけでなく少しずつ金を剝がしていくので、よほどひどい汚れの時はお勧めですが、こまめに使うと色落ち、くすみの原因になります。

※それでもチェーンのくすみや汚れがとれず、金古美のような色合いになってしまった場合にはチェーンやワイヤーを新しくする以外ありません。

 

 

【最後に…】

経験上メッキのものになりますが、剥がれてまたコーティングするとなると全ての火をあててメッキを剥がしてからのコーティングになるので、修理代は購入価格より数倍高くなり、修理自体も大変厄介なものになりますが、色が入っていたり、石が入っていたりすると溶接もできず接着等の応急処置しかできないものが多くです。修理できないとなると壊れてしまった地金の価値がない金属は一般では埋め立てゴミに出すしかないという悲惨な状況がまっています。

プラチナ、シルバー、ゴールドに関しては最初は高くついても修理もできるし、壊たりしていらなくなったとしても買取や地金引取りがあり、資源として溶かしてまた製品に再利用できるというメリットがあります。購入の際には是非この点も頭の隅に置いてアクセサリーを選んで頂けたら幸いに思います。


| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 13:44 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
memeの薔薇にまつわる不思議で嬉しいお話

本日はこのバラにまつわるとても不思議で嬉しいお話をお客様からお伺いしました。

このバラのネックレスを購入頂いたお客様のご友人様がこの薔薇をとても気に入って、お客様はこの薔薇のネックレスを譲ってあげたそうです。それからとても大切に身に着けてくださっていたそうで、毎日薔薇に触っていたそうです。

そうしてある不思議な変化が起こりましたが、一般的には信じ難い内容なのでここでは省かせて頂きます。(お聴きになりたい方は直接お話しします♪)

その不思議な出来事があってから、あきらめかけていた赤ちゃんを8年越しに授かったそうです♪

私も伺って、そんなこともあるのだととても嬉しく思いました。

…そして、この事を日記にしようと、一応バラの花言葉をふと調べてみたら

色別で様々な花言葉があり、その中に…「ピンクの大輪→赤ちゃんが出来ました」

という花言葉があってびっくり。

この事はお客様も知らないのでお伝えせねばと思っているところ。。

更に、色は当然シルバーなのですが、実はこの薔薇はお庭に咲いたこのピンクのバラを見ながら創作して生まれた薔薇なのです。

当時の原型創作時の写真がその証拠。2010年頃かな。。懐かしいです。

偶然が必然のようで、ぞわぞわっとした不思議で嬉しいお話。

そして何より、自分の作品が身に着ける人の幸せに寄り添えたのが一番の喜び。これからも愛を込めていい作品創りをしてゆきたいと強く思いました。

memeの薔薇は2タイプ。赤バラと白薔薇♪

一年を通して、身に着けられていつまでも飽きないデザインはこれからの季節にもお勧めです。贈り物にも♪

●Rose Necklace-赤薔薇- ¥12,960(税込)

こちらは燻してアンティークに仕上げた赤薔薇。一番人気で、当初からあるタイプ。

●Rose Necklace -白薔薇- ¥12,960(税込)

こちらは途中から登場した白仕上げで柔らかな表情の白薔薇。

お客様にはこちらをご購入頂きました。きっと見た目は白でもご友人様に渡ってピンクに変化したんですね♪

…と、こちら欠品中なので創作せねばいけませんね。。笑


| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 14:09 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
型をとるものと一つにこだわるもの。
 
待ちに待ったシルバーの原型が完成しました。
これからゴム型をとってようやく、作品に仕上げていきます。

memeの創作ジュエリー・シルバーアクセサリーはデザイン、作品のコンセプト等によって、
一つ一つ、一から創ることに意味があるものと、逆に二度と同じものが生まれないからこそ型を
取って作品にするものとに大きく2つに分かれます。

いつだったかブログでも書いていた、ある鳥。。それは梟です。

こうしたモチーフの場合は、この一つにかなり精魂を込めて彫って形成していくので何度も
創ることは出来ません。原型自体も作品となりますが、手放したくないのが本音。
その時、その瞬間にしか生まれないので、全く同じもの二度と創れませんから、
型を取りをして作品にしてゆきます。

今までフクロウは縁起がいいとは思っても何だか苦手で、更にフクロウモチーフの物といえば
木彫りの民芸品を思い出して何となく抵抗がありましたが、翼を広げた本物のフクロウはかっこいい。。
地金にしてみてようやく最終の出来が分かるので、今回なかなかいい出来に少々テンション高い私です。

何を観て気づいたのか。
単純に大好きなハリー・ポッターを観て気づいただけなのです。

しかし今まで何度も何度もハリポタを見ているはずなのに全くフクロウには興味が沸かず、
ふとした瞬間の心境の変化とは不思議なものです。。

| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 19:08 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
彫金教室について

memeでは大々的に教室はしておらず、希望のある方に教えています。
詳細は以下の通りです。希望される方はお気軽にご相談下さいませ。

●一日体験¥4,000 約2時間/すり出しリング、線玉リング、鎚目リングのどれか1つ。

●毎月4回¥10,000(週1/2時間/ロストワックスor彫金制作)コース 毎月通われたい方。

●チケット制5回分¥13,000(1回分2時間/ロストワックスor彫金制作)有効期限一年。  
定期的には通えない方、好きな日時に通われたい方。
※チケット制は一日に3回分まで利用できます(6時間※時間外で休憩30分〜1時間30分挟みます)

●持ち物など エプロン、汚れても良い格好でお越し下さい。爪が長いと作業がしにくく割れる可能性も
         ありますので、短く切ってきてください。


●線玉リング


●鎚目のリング


●すり出しリング

| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 11:37 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
ジュエリーも衣服と同じで清潔に♪ シルバーは健康のバロメーター

6月の展示会でも多く頂いたのがシルバーの変色に対するご意見。
これから、夏本番。沢山汗をかくのでさらに変色もしやすい時期ですのでこちらを読んで頂き、
根本的なシルバーアクセサリー・ジュエリーの意識を少しでも良い方に感じ頂ければと思います。

1 どんな金属もお手入れは必要です。清潔にすることでアレルギー防止にも。

●シルバーに限らず、基本的にどんな金属もお手入れは必要であります。
車だって放っておけば錆びて朽ちていきます。汚れたら洗車してあげますよね。
さらに、着ていた服を洗うのは当然のこと。それを放っておいたらばい菌も増えていきます。

ジュエリーも同様、体に身に着けるもの。

汚れに気づきにくいというだけで、実際は服と同じように身体に触れているのですから
実際は汚れているのです。アレルギーはそうして不衛生のままにしてしまうことでも起こります。
特に夏は汗を沢山かきますし、お化粧や日焼け止めクリームなどが汗と一緒に付着して
変色を引き起こしやすくします。

逆にいえば、本来銀は殺菌作用をもつ為、ときどき洗浄し磨いてあげるだけで綺麗な状態を保てるので
衣服に比べたらお手入れも簡単に済みます。今はクリーニング液もございますので
簡単に綺麗になります。

衣服にもシルク・カシミヤなどデリケートな素材があるように、シルバーも金属の中でも
デリケートな素材だと思ってください。逆に変色が気になるという事はそれだけ汚れていると
いうことがわかりますので、自らお手入れのサインを送ってくれている、良い子でもあります。
シルバーに限らず、プラチナやゴールド等も使用したら、磨いて清潔に保ちましょう。

●一番お手入れがしにくいものが、メッキコーティングされた物です。アレルギーの原因にも。

メッキコーティングのものは一見変色もなくお手入れせずとも綺麗なので便利に思いますが、
使用していくうち擦れた部分はコーティングが剥がれていきます。結果、清潔にと水洗いして
拭くということは擦れていくためメッキが剥がれ易くなるということです。

ニッケルやコバルトメッキはアレルギーになり安いので、不衛生のままそれらを
地肌に身に着けていると、よりアレルギーを引き起こす原因にもなります。
特にピアスは身体に穴をあけているので要注意です。

一旦剥がれると個人でのメンテナンスも出来ませんし、再びコーティングするとなると
お値段もぐんと高くなります。それは、一度に大量にメッキコーティングするので安くなるので、
1つだけメッキコーティングするということはそれだけ単価が高くなるからです。
破損の際の修理も一旦全てメッキをはがす作業も含まれるので、元通りにするとなると
かなり高額になります。安く済ませるには、接着になりますが、経験上直ぐに壊れます。
メッキされたほとんどのアクセサリーは、安価なものが多く買った値段よりも修理代の方
が高くなることが多いので、使い捨てに近くなってしまうでしょう。

※memeの作品はメッキコーティングはしておりません。

>>●夏の金属アレルギーの予防について
>>●金属アレルギーについて


2 良い汗と悪い汗 シルバーは健康のバロメーター

どうして夏は変色が多いのだろうか。。
汗っかきの私ですが、沢山汗をかいても全く変色しない場合と、
さほど汗をかいていないのに突如変色した事があります。

これはそんな私の経験や、メンテナンスの経験上から
近年よく言われている、「良い汗」と「悪い汗」。
その悪い汗が原因で変色を引き起こしやすいのではと感じました。

<良い汗とは>
・ミネラル分は血液中に再吸収されているため、成分のほとんどを水分が占めているので
さらっとしていてべたつきや匂いが少ない。さらに、蒸発しやすく体温を下げ、直ぐに乾く。

<悪い汗とは>
・ミネラル分が再吸収されず多く含まれているため、皮膚についた菌の養分となり、臭いのもと
になる。身体からミネラルが失われると、体調不良(熱中症)などの原因となります。
蒸発しにくいので大粒でだらだらと流れる。


上記からみても、シルバーが変色しやすい条件にびったり当てはまる悪い汗は、夏に多く汗をかく中で更に
変色する原因の1つではないかと思います。

さらに、化粧や日焼け止めクリームの成分、タバコの煙なども肌につきやすいのでより黒く
変色するように感じます。

そう思うと、シルバーは自分の健康のバロメーターになってくれていると感じた私。
一日で真っ黒に変色したら、それは悪い汗をかいているのかも知れません。
シルバーは身をもってそれを教えてくれる。。やはり良い子だ。。♪
ですから、変色するからと言ってそれは、決して害を与える物ではなく、
とても優しい素材であると感じて頂ければと思います。

そんなときは早めにクリーニングしてあげてくださいね。

古くから銀が魔除けや幸運のシンボルとされているのは、医療が発達していない時代に
こうした事を先人の方達がおのずと感じ取っていたのかもしれませんね。


3 最後に…

やはり愛さずにいられないシルバーの魅力。
まだまだ、シルバーについて、変色をネックにされる方は沢山いらっしゃると思いますが
それは、きちんと説明しない販売する側の責任でもあります。
いつの日か、皆様が当たり前の知識としてメンテナンスも苦にせず自然にしていただける日が
くるように販売する側の義務として、こうした知識をもっと広めていけたらと思います。
memeの作品は責任をもってメンテナンスさせて頂いております。
簡易クリーニングは無料で行っておりますのでお気軽にお申し付けくださいね。

>>●シルバーの保管方法と不思議な言い伝え
>>●銀の贈り物(銀素材の本質が伺い知れます)

| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 13:23 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
仕立て直しのものたち -Make Over Ring-

最近、元々リングだったものを仕立て直すご注文が増えてまいりました。
県外からもオーダー頂くようになり、それだけこうした仕立て直しはやっていないのかも
しれません。

指輪にするとちょっと時代を感じるデザインも、こうしてトップにすることでぐんと使いやすくなります。
母親から子へ譲り受けたものたちは、年代と共に思い出も残されているジュエリー達が多く、
石だけ残しデザインを変えてしまうだけで別のものに生まれ変わる分、逆にそこに残っていた
思い出は失われてしまいますが、こうすることで思いでも消えることなく身に付けることが出来ます♪



チェーンを通すバチカンはリングのサイド部分の腕を利用した物です。
そこにある地金を使うので、プラチナやゴールドですと、通常のリフォームはかなり高くなりますが
とても安く仕立て直しができます。

喜んで頂けてとても嬉しく思います。ありがとうございます。



ここで私自身の心がけをひとつ。

こうした石入りのデザインのリフォームは、個人的にもせっかくのその時代の
デザインをなくしてしまうのはもったいなく、強度等に関してもなるべく無理に手を加えず、
そのままの姿を活かして直すか、石だけ外し全く新しく創りかえるかのどちらかが
良いと私は思っています。土台は残しておけるので。

仕立て直していくということは、原型に手を加えて行く作業。
石を外し、バーナーでロウ付けし、削って、磨いていくので、どんなに丁寧に作業しても
直す回数が増える分、元のものよりもどんどん薄くなって、どんどんゆがんで崩れてゆくからです。

だからこそ、極力手を加えずに仕立てるのが壊れにくく、何年も使えるものとなります。
そして、万が一破損しても職人ならだれもが修理できる範囲のものに想定して仕立てることも
重要だと思います。

さらに、同じ地金を使用したとしても、地金の割合という物があります。
K18でも含まれている地金の割合が7:3や6:4と異なるのです。ブランドによってもその割合が
複雑な場合もあります。これはなかなか見分けがつかないので、その時代の地金の割合と異なる
可能性が出てきます。なので、古ければ古いほどわかりにくく、完成されたもとあるデザインに、
なりふり構わず付け足して変にリフォームされたものは、慎重にしないとその後の直しが利かず、
せっかくのその物の良さや価値を下げてしまうことにもなり兼ねないので一番厄介ですし、
避けたいところです。

でも、これはあくまでも私個人が思うこと。
きっと、いつの時代か自分の作品がリフォームされることがあったとしたらと想像すると、
自分ならそうしてもらえたら嬉しいという気持ちだからかもしれませんね☆

| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 13:25 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
memeのセミオーダー
 
こちらは先日セミーダーでお創りした鎚目のリング。
中心に小さなメレーダイヤが入っています。そして艶消し仕上げで柔らかく。
喜んでくださって本当に嬉しく思います。ありがとうございます☆
今までに沢山の鎚目のリングがお嫁入りしていきましたが、どれも同じ物はありません。

memeの商品達は、お客様が身に着けやすいようにこうしたセミオーダーで
チェーンの長さ、厚み、仕上げや、石入等など、お客様に合わせてお創りさせて頂くことも可能です。
だって、身につけるのはお客様なのですから。。お気軽にお申し付け下さい。
寄り添えるジュエリーを目指して…♪


| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 18:42 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
memeのギフトパッケージについて
memeのギフトパッケージはいたってシンプルですが、基本的に無料でお入れしています。

●一万円以下の商品…取扱説明書と磨き布、商品をポーチにお入れし、更に専用の紙袋に
              お入れしてお渡ししております。
※ケースを希望の際は、500円のもの(ブラック、ホワイト、ネイビー、レッドのみ)と700円(ブラウン)の物からお選び頂きます。

●一万円以上の商品…ギフト関係なく、無料にてケースにお入れしてから専用の紙袋に
               お入れしてお渡ししております。

それぞれ下の写真をごらん下さいませ。


●1万円以下の商品 ※ポーチは大小関係なくお好きなカラーをお選びいただけます。


こちらは500円の有料ケース
種類に限りがございますが、希望でお選びいただけます。※現在ブラックは欠品中。入荷予定あり
一万円以上の商品の際は無料となります。


●一万円以上のオリジナル商品ケース(700円) 
幅のあるリングや、ピアスとトップのセット、ピンブローチ用など6種類ございます。
ダークブラウンの700円のものです。
一点ものなどのmemeのオリジナル商品はこちらに統一してお入れしていますが、
希望により500円のカラーケースにも変更可能です。お気軽にお申し付け下さいませ☆

| >>愛芽 | memeの作品とジュエリーのお話 | 11:35 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
sun mon tue wed thr fri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>